top of page
  • 執筆者の写真沼田塗装店

【移住者必見】中古物件購入時は外壁屋根のチェックが必須です!


ブログをご覧いただきありがとうございます。「逗子葉山・湘南エリアの外壁/屋根塗装はお任せ!」地元密着塗装プロ集団のプロタイムズ逗子葉山店(有限会社沼田塗装店)広報担当ユウキです!

近年、移住先として人気が高まる湘南エリア。ここ逗子葉山でも不動産屋さんから「売る物件/土地がない」と嘆きの声が聞こえてくるほどで、中古物件を購入し、リフォームをして自分なりの住まいを作り上げる方が増えています。そこで今回は中古住宅に長く安心して住むために外壁塗装がどれだけ大切か、解説していきます!



外壁塗装が必要となる時期は、「築10年前後」or「直近の外壁塗装から10年前後」が目安。 これを放置すると ・外壁材が早々にダメになる ・雨漏り・カビ・シロアリなどが発生する ・中古住宅が早々に寿命を迎える といった事態に陥ってしまいます。




[補足]定期的な外壁塗装が不要な中古住宅もある 多くの中古住宅は定期的な外壁塗装が必要ですが、一部、外壁塗装が不要な中古住宅もあります。それは、塗装が不要な外壁材を使用した中古住宅です。具体的には、「タイル」「レンガ」「樹脂系サイディング」の場合、外壁塗装は不要です。とはいえ、上記の外壁材を使用した住宅は日本では非常にまれ。一見すると外壁材がタイルやレンガのように見えても、実際には窯業系サイディング等であることがほとんどです。上記の外壁材は塗装は不要ですが、メンテナンスフリーというわけではありません。塗装以外の補修メンテナンスは必要です。また、粘土瓦を除き、中古住宅の屋根も定期的な塗装が必要です。

「築年数」or「外壁塗装歴」で外壁塗装が必要な時期の目安がわかる 中古住宅の「築年数」or「外壁塗装歴」から、外壁塗装が必要な時期の目安がわかります。外壁塗装が必要となる時期は、築10年前後が目安です。直近の外壁塗装時に使用した塗料製品がわかれば、さらに正確に外壁塗装が必要となる時期の目安がわかります。各塗料製品には耐久性の指標と購入時の資料等に記載がないか確認してみてください。住宅履歴情報(いえかるて)がある場合には、住宅履歴情報を確認すると良いでしょう。それでもわからない場合には、仲介の不動産会社等に聞いてみましょう。塗料製品の名称がわかれば、「塗料製品の耐久年数」は各塗料メーカーのホームページ等で調べることができます。


「外壁の劣化症状」を確認すれば、外壁塗装が必要な時期が正確にわかる 外壁にあらわれる劣化症状を確認することで、中古住宅の外壁塗装が必要な時期を正確に見極めることができます。具体的には、外壁に下記のような劣化症状がみられる場合には、早々に外壁塗装が必要な可能性大です。劣化症状は、外壁の防水性が失われてきているサイン。このまま外壁塗装をせずに放置し続けると、ご紹介したように外壁材がダメになる、雨漏り・カビ・シロアリなどが発生するなどして中古住宅に甚大な被害が及んでしまうこともあるため、早々に外壁塗装を検討することをオススメします。して、「耐久年数(耐候年数)」が明示されています。中古住宅の外壁塗装歴や使用した塗料製品は


【中古住宅を購入するタイミングで外壁塗装をするメリット】

・新築のようなキレイな外観の住宅で新生活をスタートできる

・しばらくは外壁塗装の心配をしなくて良い

・時間や手間のかかることを、購入時にまとめて終わらせられる

「中古住宅を購入するタイミングで、絶対に外壁塗装をしなければならないか」というと、もちろん、そんなことはありません。しかしながら、中古住宅を購入するタイミングでの外壁塗装には様々なメリットがあるため、購入のタイミングで外壁塗装をするのもオススメです。


[参考]引っ越し前に外壁塗装すべき?引っ越し後でも問題ない? 中古住宅を購入するタイミングで外壁塗装をする場合、外壁塗装をするのは“引っ越し前 or 引っ越し後のどちらが良いか”で迷う人は少なくないでしょう。 大前提として、どちらでも、問題なく外壁塗装をすることはできます。 どちらにするのが良いか、については人によって異なります。 外壁塗装工事中は、 ・塗料のニオイがする ・窓を自由に開けられなくなる ・工事期間中(2週間くらい)、住宅のまわりに職人が常駐している といった状態となるため、何らかのストレスを感じてしまう人もいます。 そのため、こうした状態の住宅で生活をすることに不安を感じる場合には、引っ越し前に外壁塗装を済ませておくのがオススメです。 また、外壁塗装をする場合、一般的に「足場設置前の現場確認」と「完了検査」のタイミングには消費者(施主)に立ち会いが求められます。そのため、引っ越し先(外壁塗装をする中古住宅のある場所)が、(引っ越し前の住宅等から)遠方といった場合には、引っ越し後に外壁塗装をする方が都合が良いこともあります。

中古住宅を購入前の方へ|購入前にやっておくと安心な塗装歴の確認&インスペクション

現在、中古住宅の購入前の段階という場合には、中古住宅を購入する前に、

・外壁塗装歴の確認

・インスペクション(建物状況調査)

をしておくと安心です。

また、中古住宅を購入する前に、外壁塗装歴の有無は確認しておきましょう。

外壁塗装歴ありの場合には、下記内容まで確認をしておくと、今後の外壁塗装を計画・実施するときに役立ちます。

・直近の外壁塗装の実施年月

・直近の外壁塗装時に使用した塗料製品

・塗装工事を実施した塗装業者

・直近の外壁塗装以前にも塗装歴があるか(外壁塗装を何回実施しているか)

外壁塗装の実施内容に関する書類など(見積書、施工写真など)が残っている場合には、それらの書類なども共有してもらうと良いでしょう。


いかがだったでしょうか。中古住宅に安心して長く住むためには、定期的な外壁塗装が必須です。

中古住宅の外壁塗装が必要となる時期は、「築10年前後」or「直近の外壁塗装から10年前後」が目安。より正確に塗装時期を見極める方法としては、「外壁にあらわれている劣化症状をチェックする」「塗装のプロに外壁を診てもらう」といった方法があります。プロタイムズ逗子葉山店では随時、ドローンを活用した外壁屋根の無料診断を行っています。色々と書きましたが、これが一番簡単です!笑




経験豊富なスタッフや職人が、この地域ならではの気候状況や物件の立地等も踏まえて診断します。いざという時にいつでもすぐ、駆け付けられるのが地元密着の私たちの強みです。気になることがあったら、お気軽にご連絡ください。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロタイムズ逗子葉山店(沼田塗装店)は外壁塗装・屋根塗装専門店です。

葉山町の御用邸近く「町のペンキ屋さん」として創業して70年以上の歴史がある塗装のプロフェッショナル集団です。塩害や台風被害など、この地域ならではの特性を知り尽くした熟練職人が多数在籍。 長年積み重ねてきた経験と知識、そして最新の塗料をもとに適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。お客様にご満足いただくため、真心と魂を込め、誠心誠意対応させていただきます。


「実はあのお店やお宅も!」施工事例をぜひご覧ください。 ■施工事例はコチラ!!


逗子市・葉山町・湘南エリアで塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装・リフォーム専門店のプロタイムズ逗子葉山店まで

■お問合わせはコチラ!!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page