top of page
  • 執筆者の写真沼田塗装店

【徹底解説!】火災保険が適用される雨漏り修理について


ブログをご覧いただきありがとうございます。「逗子葉山・湘南エリアの外壁/屋根塗装はお任せ!」地元密着塗装プロ集団のプロタイムズ逗子葉山店(有限会社沼田塗装店)広報担当ユウキです!


いよいよ梅雨が迫ってきました。これからの時期、たくさんのご相談をいただくのが「雨漏り修理」について。さらに「火災保険が適用されると聞いたんだけど」というお声を多数いただきます。

結論、適用されます!ただ、条件や注意点がありますので、今回のブログで徹底解説!少し長いですが、一度にわかる内容となっていますので、ぜひご一読ください。


自然災害の影響による雨漏りは適用されます

火災保険が適用されるケースとして、まずは雨漏りの原因が「自然災害によるものか」が重要となってきます。経年劣化や人的な被害による雨漏りの場合は、火災保険が適用されません。


◎適用されるケース|「風災」「雪災」「雹(ひょう)災」

これらの自然災害による雨漏りの場合は、火災保険が適用される可能性があります。しかし、雨や雪の吹き込みによって雨漏りが発生しても、適用されない場合があります。「吹き込みによって」となると、そもそも経年劣化による外壁や屋根にひび割れ等があった場合、「風災」によるものではなく「経年劣化」による雨漏りとして判断されてしまう可能性もあるからです。審査結果が出るまで、自然災害として絶対認定される、とは言い切れないので注意が必要です。※雨漏りは「水災」ではなく、雨漏りは漏水の被害であり、水災と勘違いしてしまうかもしれませんが、水災とは洪水・高潮・土砂崩れ等の自然災害を指します。


まずは、加入している火災保険の保険証券を確認しましょう。ない場合は、保険会社へ問い合わせしましょう。保険の種類は、大きくわけて住宅火災保険と住宅総合保険の2種類です。

災害被害ごとの適用条件早見表(加入されている保険と異なる場合があります)



※「水漏れ」とは、給排水施設に生じた事故または他の戸室で生じた事故による水漏れを指します。雨漏りのことではありません。また、火災保険とは別に火災共済があります。共済額(補償額)や補償の範囲等が異なるため、間違えないよう注意しましょう。



被害を受けてから「3年以内」に申請が必要

保険法により、雨漏りが発生してから3年以内に申請しないと、時効をむかえてしまいます。また、上記に記載した通り、自然災害で被害を受けたとしても、時間が経つと「経年劣化」として扱われる可能性も大きくなってきます。3年以内といえど、できる限り早く申請しましょう。また、保険の種類によっては少ない修理費用だと保険料が受け取れない場合があり、保険の種類によって保険料の受け取り可否金額が変わります。



火災保険が適用されるまでの手順

具体的な申請の流れと適用されるまでのポイントをご紹介します。

また、これから紹介する一連の作業はご自身でおこなうことができますが、見積書や報告書の作成等専門性が高く難しい作業となる為、修理業者へ依頼することとなります。「火災保険の申請のため」と事前に伝えれば、スムーズに対応をおこなってくれますが、業者選びには十分注意が必要です。後半で詳しく説明します。


①保険会社、保険代理店へ連絡

まずは、保険会社または保険代理店に、被害の内容(雨漏りの原因等)を説明します。その際に、詳しい状況を説明できるほうが良いので、予め修理業者に相談し、見積や報告書を作成してもらっておくとスムーズですが、業者選びについては次章で詳しく説明します。


②保険会社からの案内・書類の記入、申請

保険会社から書類が届きます。申請時に提出する主な書類は、下記3点です。

1.保険金請求書

2.事故状況報告書・損害箇所の写真

3.修理費見積書


報告書には、下記内容を記述しておくと良いでしょう。

・契約者氏名、保険証書番号

・損害発生の日時

・損害発生の状況

・事故の原因

・損害のあった家の住所

・損害箇所を示した家の見取り図 等



保険会社による現場調査

申請を受けた保険会社が、損害鑑定人を派遣し、現場調査を実施します。具体的には、第三者機関のプロの鑑定人が、保険申請内容をもとに現場調査をおこない、損害状況の調査や自然災害による被害の有無、被害額を算定した報告書を作成し、依頼された保険会社に報告書を提出します。



現場調査結果の連絡を受ける

現場調査の結果を受けて、保険会社が審査をおこない、申請内容が認められれば、加入者へ保険金が支払われます。連絡を受けたら、修理業者へ雨漏りの補修工事を依頼しましょう。



雨漏りの補修工事をおこなう

雨漏りの補修工事は、かならず申請が下りた後におこないましょう。雨漏りの火災保険申請は、必ずしも申請が下りるとは限りません。経年劣化によるものと見なされた場合、申請は下りずに保険金は支払われませんので、必ず申請が下りた後に修理業者と補修工事の契約をおこなうようにしてください。以上が一連の流れです。手順について、下記図も参考にしてください。(赤字が保険加入者ご自身でおこなう作業)



悪徳な修理業者に要注意!信頼できる業者の選び方

火災保険を使用して雨漏りの補修をおこなう際、必ず修理業者をご自身で探す必要があります。 修理業者から「火災保険を使って雨漏りの補修工事ができます」と言われてから火災保険の申請を検討している方もいるかもしれませんが、2章で説明した通り、火災保険を使用して雨漏り修理をおこなう際に、まずは修理業者へ見積依頼をおこないます。

その時、火災保険の保険金申請を口実に工事契約を迫ったり、保険金をだまし取ろうとする悪徳業者が少なからず存在するということに十分注意してください。


悪徳な修理業者の甘い話には要注意

「自己負担ゼロで修理ができます」「申請は絶対に通ります」などという修理業者には注意が必要です。契約している保険内容は、各家それぞれ異なりますし、火災保険が絶対に適用されるという保証はありません。また、このような修理業者に見積りや報告書の作成の依頼をすると、工事の契約を迫ってくる可能性もあります。実際に工事を依頼した際に「申請手数料」等といって保険金の2~3割程度の額を請求してきたり、工事を断ったらキャンセル料を請求してくる業者もいます。


〇保険が適用されるまでは工事の契約をしない〇

このように、火災保険を餌に工事を勧める悪徳な修理業者によるトラブルを回避するために、必ず火災保険が適用されるまでは工事の契約はしないようにしましょう。契約してしまった場合、申請が通らなかった際に自己負担で工事をしないといけなくなる可能性があります。まずは、火災保険申請のための現場調査と見積り作成を依頼し、火災保険の申請が通ったら工事をする旨を伝え、工事の契約は申請が下りた後におこないましょう。また、保険の申請は必ず自分でおこないましょう。加入者本人でなければ申請はできません。「代理で申請します。」などと言ってくる修理業者とは、契約してはいけません。


優良業者の探し方

まずは、火災保険を適用した工事の実績がある修理業者へお願いすることです。また、雨漏りの原因特定はとても難しいといわれています。雨漏りの調査が適当で原因を正しく特定できなかったり、修理が雑な業者に依頼した場合、雨漏りが直らずに何度も追加費用を支払うことにもなります。雨漏り修理の実績が豊富にあり、散水調査等、現場調査を入念におこなってくれる業者を選びましょう。


まとめ

いかがでしょうか。火災保険を使って雨漏りの修理をおこないたい場合は

①加入している火災保険を確認する

②雨漏りの原因が自然災害によるものか調査する

③悪徳な修理業者に注意し、信頼できる修理業者へ依頼する

この3点に注意してください。



プロタイムズ逗子葉山店は、雨漏り修理の実績多数!火災保険の適用に関するご相談も随時受け付けており、申請アドバイスもたくさん行っています。いざという時や気になる際には一度、お気軽にご相談ください。地元密着企業ならではの迅速な対応で、お客様の不安と解消します!火災保険の知識を正しく身につけ、有効活用しましょう。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロタイムズ逗子葉山店(沼田塗装店)は外壁塗装・屋根塗装専門店です。

葉山町の御用邸近く「町のペンキ屋さん」として創業して70年以上の歴史がある塗装のプロフェッショナル集団です。塩害や台風被害など、この地域ならではの特性を知り尽くした熟練職人が多数在籍。 長年積み重ねてきた経験と知識、そして最新の塗料をもとに適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。お客様にご満足いただくため、真心と魂を込め、誠心誠意対応させていただきます。


「実はあのお店やお宅も!」施工事例をぜひご覧ください。 ■施工事例はコチラ!!


逗子市・葉山町・湘南エリアで塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装・リフォーム専門店のプロタイムズ逗子葉山店まで

■お問合わせはコチラ!!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page