top of page
  • 執筆者の写真沼田塗装店

【家を長持ちさせるために】これを読めば塗り替えのサインがわかります!



ブログをご覧いただきありがとうございます。「逗子葉山・湘南エリアの外壁/屋根塗装はお任せ!」地元密着塗装プロ集団のプロタイムズ逗子葉山店(有限会社沼田塗装店)広報担当ユウキです!


塗り替えの目安が10年と言われている理由を前回ご説明いたしました。今回は外壁が劣化した際に出るサインについてお伝えします。これを読めば、ご自宅の外壁の簡単なセルフチェックができるように!

「そろそろ塗り替えかな?」「外壁の事なんて気にしたことなかった」という方はぜひ、ご一読ください。


外壁塗装をおこなうべき劣化のサイン


残念ながら、現代の最新技術をもってしても「劣化しない塗料」というのは発明されていません。塗料は塗った瞬間から外気や光、風雨にさらされ、少しずつその性能が落ちていきます。

ここで重要なのは「外壁塗装は放っておけば劣化するから、定期的なメンテナンスが必要」と捉えることです。この心構えを持てば、適切なタイミングで適切な施工を行うことができ、結果的に余計なコストがかかることなく、ご自宅を快適な状態で長持ちさせることができます。


では、実際にどんな症状が出てくるのか見てみましょう。



色褪せ

劣化進行度:低

外壁塗膜に劣化が見られなくとも、外壁が当初より色あせをしている場合は、塗り替えを検討したほうがよいでしょう。外壁の色あせは塗膜劣化が始まっている証拠でもあります。


チョーキング

劣化進行度:中

外壁を触った時に、白い粉が手についたことがないでしょうか?

実はこのことを「チョーキング現象」といいます。これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるものなのです。このチョーキング現象を放置しておくと、外壁のひび割れやカビの発生などにまで発展する恐れがありますので、早めのメンテナンスが必要です。

塗膜の膨れ・剥離

劣化進行度:高

外壁の塗膜が膨れていたり、剥がれていたりしませんか?実はこれも外壁塗膜の劣化が原因で、塗膜の膨れ・剥離を放置しておくことで、外壁内部へ雨水が浸入しひび割れ等を引き起こす恐れがあります。


クラック(ひび割れ)

劣化進行度:高

外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。

クラックの幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックと言い、構造クラックがある場合には、早急なメンテナンスが必要となります。

クラックを放置しておくと、そこから雨水がどんどん浸入し、カビなどの原因になる他にも住宅の強度低下の問題も引き起こす恐れがあります。


シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

劣化進行度:高

サイディングボードの継ぎ目や窓のサッシ回りなど、シーリング部分が劣化し亀裂が生じていることがあります。

シーリング材が劣化している場合は、「増し打ち」や「打ち替え」をおこない、目地部分からの雨水の浸入を防ぐ必要があります。


このように外壁材の劣化においても、様々な劣化のサインがあります。

まだ早急な対策が必要でないものから、住宅の構造劣化に繋がる重大なものまで、いくつかありますので、劣化進行度が高の劣化が見られる場合には、早急に専門家へ相談をしましょう。


いかがでしたでしょうか。上記はあくまで目安となりますので、気になる箇所があった際には専門業者へご連絡ください。プロタイムズ逗子葉山店(沼田塗装店)は、経験豊富な自社職人によるドローンを使った外壁/屋根診断を無料で行っています。地元密着企業ならではのスピーディーな対応をいたします!お気軽にお問合せください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロタイムズ逗子葉山店(沼田塗装店)は外壁塗装・屋根塗装専門店です。

葉山町の御用邸近く「町のペンキ屋さん」として創業して70年以上の歴史がある塗装のプロフェッショナル集団です。塩害や台風被害など、この地域ならではの特性を知り尽くした熟練職人が多数在籍。 長年積み重ねてきた経験と知識、そして最新の塗料をもとに適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。お客様にご満足いただくため、真心と魂を込め、誠心誠意対応させていただきます。


「実はあのお店やお宅も!」施工事例をぜひご覧ください。 ■施工事例はコチラ!!


逗子市・葉山町・湘南エリアで塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装・リフォーム専門店のプロタイムズ逗子葉山店まで

■お問合わせはコチラ!!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page