top of page
  • 執筆者の写真沼田塗装店

【ベランダ放置してませんか?】傷みの見極め方とチェックするべきサインをご紹介!



ブログをご覧いただきありがとうございます。「逗子葉山・湘南エリアの外壁/屋根塗装はお任せ!」地元密着塗装プロ集団のプロタイムズ逗子葉山店(有限会社沼田塗装店)広報担当ユウキです!


今回は意外と放置しがちなベランダについてのお話です!

洗濯物を干したり子ども達が遊んだり、バーベキューをしたり――。暮らしの幅を広げてくれるベランダですが日中、紫外線が直接あたり、降水時は雨水を受け止めるいわば「むき出し」の場所で傷みやすい箇所です。

一般的な戸建住宅の場合、ベランダの床面にはFRP防水というもので防水性能を持たせています。防水面の最上層はトップコートとよばれる塗料が塗布されているのですが、経年劣化によって次第に傷んでいく為、おおよそ5、6年でトップコートを塗り替えていく必要があります。ベランダ防水の劣化を放置すると最悪の場合、雨漏りにもつながります。この記事では普段馴染みのないベランダ防水の概要から、メンテナンス時期の見極め、注意すべきサインについてご紹介します。


ベランダ防水工事には定期的なメンテナンスが必要

ベランダ防水工事は雨水の浸入を遮断する為に薄い防水の層を重ねて作られています。液状の樹脂で層を形成する塗膜防水工事、シート上の防水材で層を形成するシート防水工事、液状の樹脂とシートの両方を使用して隙間なく防水する複合防水工事というものがあります。木造の戸建て住宅のベランダ防水の場合、FRP防水という種類の塗膜防水工事がおこなわれる事が一般的。ベランダ防水工事では共通して、シートや塗膜で防水層を形成した後、防水層を守る為にトップコートと言われる塗装を施します。このトップコートの耐久性は一般的に5、6年程度から劣化が始まります。トップコートの初期劣化を放置してしまうと、下層まで傷みが進行し、最悪の場合には素地まで浸水してしまう事もあります。その為、トップコートは定期的にメンテナンスをしていく必要があるのです。


ベランダ防水の劣化のサインの見極めと補修方法

一般戸建て住宅では新築の際ベランダ防水工事はFRP防水でおこなわれます。FRP防水の傷みはトップコートの劣化であれば軽度、防水層や素地に至る劣化は重度であると判別ができます。


〇トップコートが経年劣化によって色褪せてきた場合、トップコートを塗り替えして補修します。

部分的な割れの場合は下地補修をおこないトップコートの塗り替えをします。


〇大きく割れており、ひび割れが重度の場合には下地から施工します。トップコートが褪せてきて、表面の劣化が進行すると苔や藻、草の繁殖がおこりやすくなります。高圧洗浄で洗い流してからトップコートを塗り替えして補修します。



〇部分的に下地材との密着不良によって浮いている場合には研磨後、防水層を部分的に補修しトップコートの塗り替えをします。



〇全体的に広い範囲で浮いている場合には下地から施工します。ベランダの素地に湿気を含んだまま防水工事をおこなうと、湿気が気化した際に内部から防水層を押し上げてしまいます。軽度の場合は膨れた部分だけを切り取り下地補修をおこなった後にトップコートの塗り替えをします。ベランダに無数に膨れが発生した場合には下地から施工します。



ベランダ防水工事では下が直接、居室の場合、防水層が割れてしまったり、傷んでしまうと漏水を引き起こすため、現在の防水層を一度撤去し、再度新設する事になります。そうなると費用や手間も掛かってしまいます。なので、軽度な劣化症状の段階でトップコートを塗り替えて防水層を保護する事が重要です。


ベランダ防水工事ができる塗装専門店や工務店に依頼する

ベランダ防水工事は劣化が進行しているほど、特化した技術が必要で施工が難しいといえます。最近ではDIYでベランダ防水工事のメンテナンスを推奨する情報も多く出回っていますが、一般の方が実施できるのは、トップコートの塗り替え程度だと考えてください。防水層まで傷んでいる場合にはプロに任せるのが一番です。その窓口として、塗装専門店や工務店、総合リフォーム店を選ぶのをオススメします。前述の通り、お住まいの状態を保つ為にはベランダだけでなくトータルでメンテナンスしていく必要があるからです。


◎比較的軽度

☑トップコートが色あせてきている

☑トップコートの細かいひび割れができている(ヘアクラック)

☑藻や苔が繁殖している

◎比較的重度

☑塗膜が剥がれてしまっている

☑塗膜が膨れてしまっている


まずは上記のチェックリストを用いて自分の家のベランダがどんな状態なのか確認してみましょう!そして、経年劣化があると思った際には自分でなんとかしようとせずに、まずは塗装のプロ集団「プロタイムズ逗子葉山店」にご相談ください。いざという時はグループ会社で住まいに関するあらゆるお悩みに答える総合建築業「株式会社ヌマタ」もおりますので、ワンストップでご対応いたします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロタイムズ逗子葉山店(沼田塗装店)は外壁塗装・屋根塗装専門店です。

葉山町の御用邸近く「町のペンキ屋さん」として創業して70年以上の歴史がある塗装のプロフェッショナル集団です。塩害や台風被害など、この地域ならではの特性を知り尽くした熟練職人が多数在籍。 長年積み重ねてきた経験と知識、そして最新の塗料をもとに適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。お客様にご満足いただくため、真心と魂を込め、誠心誠意対応させていただきます。


「実はあのお店やお宅も!」施工事例をぜひご覧ください。 ■施工事例はコチラ!!


逗子市・葉山町・湘南エリアで塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装・リフォーム専門店のプロタイムズ逗子葉山店まで

■お問合わせはコチラ!!

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page