top of page
  • 執筆者の写真沼田塗装店

【プロが教える】屋根用塗料のイロハと豆知識!



ブログをご覧いただきありがとうございます。「逗子葉山・湘南エリアの外壁/屋根塗装はお任せ!」地元密着塗装プロ集団のプロタイムズ逗子葉山店(有限会社沼田塗装店)広報担当ユウキです!


今回は屋根用塗料について全力解説!室内温度を下げる効果のあるものや、耐久性の高いもの等様々な種類があります。それぞれの効果や特徴を紹介していきます!


塗料選びの前に知っておきたい塗料の機能の種類

塗料の基本的な役割は「保護」や「美観」ですが、そういった基本的な役割以外に「遮熱機能」等プラスアルファの機能を持つ塗料があります。一般的に使用されている3つの機能をご紹介します。


〇日光を反射させる「遮熱機能」

夏になると、室内温度が高く悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

太陽光に含まれる赤外線が建物表面の温度を上昇させ、その熱が家の内部に侵入していることが原因です。特に屋根は昼間の表面温度が60℃以上にもなることがあり、天井を通り抜けて2階の居室へ熱が伝わり、室内温度を上昇させることで暑苦しい室内環境が作り出されます。遮熱塗料は赤外線を反射することにより塗膜や屋根表面の温度上昇を抑制することができます。家の屋根に塗布することで室内温度の上昇を抑制し、室内環境の向上とともに家の熱劣化を抑制するなどの効果があります。


〇熱を伝わりにくくする「断熱機能」

遮熱塗料に比べて、断熱塗料は太陽光からの熱源を塗膜に溜め込むことで室内に熱を伝わりにくくする機能があります。また、熱の移動を最小限に抑えることができるので、冬は室内温度を外に逃さないといった効果もあります。外壁や内装に使用できる断熱塗料もあるので、屋根は遮熱塗料、外壁は断熱塗料と使い分けてみたり、内装に使用するのも良いかもしれません。


〇15年以上保つことができる「高耐久性機能」

一般的に15年以上もつとされるものを高耐久性塗料といいます。他の塗料に比べて耐久性が高いため、塗り替えの回数が少なく済み、コスト面でも大きなメリットがあります。屋根は家の中でも直射日光を長時間浴びる部分なので、外壁に比べると早く劣化しがちです。できるだけ塗り替えの回数を少なく済ませたい、ランニングコストを抑えたいという人にぴったりな塗料です。ちなみに、高耐久性でありながら遮熱・断熱機能を持つ塗料もたくさんあります。



【塗料の樹脂によって耐久性が違う?!】


塗料は、溶媒・樹脂(塗膜となる主成分)・顔料(色付けの役割)・添加物で構成されています。なかでも、樹脂による耐久性の違いは大きく、機能性とともに考慮したいことのひとつです。以下が代表的な樹脂です。






①安価だが耐摩擦性を持つ「ウレタン塗料」

アクリル樹脂にウレタン樹脂を添加したもの。現在はシリコン塗料が主流になっていますが、シリコン塗料が登場するまでは塗料の代表格でした。安価でありながら対摩擦性にすぐれることから、現在でも鉄の階段や鉄の手すり、雨戸・樋に用いることが多いです。耐久年数の目安:5~7年


②スタンダードな塗料「シリコン塗料」

価格と機能のバランスが良いとされています。カラーバリエーションを楽しみたい人に最適で、水に馴染む「親水性」という性質を持っているので、塗膜の表面に汚れがつきにくくウレタン塗料などに比べ汚れに強いのが特徴です。耐久年数の目安:7~10年


③耐久性が高く汚れにくい「フッ素塗料」

耐久性を優先する人におすすめです。水をはじく撥水性能を持っており、とても強固な塗膜を生成します。東京スカイツリーにも使用されていたり、フライパンのテフロン加工もフッ素樹脂なんですよ。耐久年数の目安:15年~


④とにかく長持ちする「無機塗料」

無機とは自然界の鉱物物質のことで、紫外線の分解エネルギーよりも強い結合エネルギーを持ち、宝石や石などのように長期にわたり美しい状態を保つのが特徴です。耐久年数の目安:15年~


~耐久性の違いについて~

樹脂の違いによって、耐久性が異なります。耐久性の低いものはお手頃価格ですが、長期間保たないので注意が必要です。耐久性の高いものを選ぶことでランニングコストを低く抑えることができます。




【豆知識】

塗料の機能性や耐久性以外にも知っておくと良いポイントがあります。












・色によって遮熱効果が変わる

黒系の色のほうが白系の色に比べて表面温度が上昇するのは、誰もが経験していることだと思います。色選びは遮熱効果に大きく影響するので、色の濃度も考慮したいポイントです。


・屋根の表面温度と室内温度の関係性

遮熱塗料のパンフレット等に「表面温度を◯℃、室内温度を◯℃下げることが出来ました」と書かれているのを見たことがある方も多いと思います。遮熱効果があるのはわかるけど、一体どれほど効果があるのかよくわかりませんよね。一般的に、室内温度が2℃下がると夏場の冷房費を10%節約できるといわれています。体感温度も下がり、なおかつ光熱費削減もできるということです。これを基準に判断してみてください。




《屋根用塗料を選ぶときのポイント》

これまで屋根用塗料の効果や特徴を紹介してきましたので、ここからは実際に塗料を選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。


〇塗料販売店の塗料とホームセンターの塗料の違い

塗料は身近なホームセンターにも販売されていますが、塗料販売店の塗料とどういった違いがあるのでしょうか。ホームセンターなどで売られている家庭用塗料は、初心者でも扱うのが簡単な塗料で性能はとても低いものです。プロの職人たちが使っている塗料とは全く別物になります。耐久性の高い油性の塗料や2液性の塗料は、塗料販売店でしか売られていなかったり、業者が直接塗料メーカーから販売されているケースがほとんどです。


〇屋根のDIYはやめましょう

屋根のセルフ塗装は非常に危険です。足場なし・高所での作業は命に関わる事なので、プロに頼むのが一番です。また、屋根は外壁よりも紫外線を浴びるため、劣化のスピードも比較的早いのが特徴。外壁と同時に塗り替えの際は、屋根用塗料は1ランクグレードの高い(耐久性の高い)ものを選んでおくと、次回塗替え時も外壁と同じタイミングで塗り替えができます。タイミングが揃わず別々に塗り替えするのは、面倒ですし足場代(約20万円前後)が都度かかってしまいますので、屋根・外壁は同じタイミングで塗り替えをすると良いでしょう。




【まとめ】

塗膜の最大の劣化原因は紫外線です。屋根は建物の中で一番紫外線が当たりやすく、外壁よりも劣化しやすい場所になりますので、屋根用の塗料はできるだけ耐久性の高い塗料を選ぶと良いでしょう。様々な塗料がありますが、自分に合った予算や機能を考慮した上で後悔のない塗料選びを行ってください。



プロタイムズ逗子葉山店(有限会社沼田塗装店)のショールームでは、各メーカーの塗料に関するカタログを取り揃えています。「耐久性と価格を天秤にかけたい」といったご要望にも、その場で見積りを作成してお見せできますので、比較検討ができます!長年積み重ねてきた知見と最新情報をもとに、お客様にピッタリのご提案をいたします。検討材料にお役立てください。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プロタイムズ逗子葉山店(沼田塗装店)は外壁塗装・屋根塗装専門店です。

葉山町の御用邸近く「町のペンキ屋さん」として創業して70年以上の歴史がある塗装のプロフェッショナル集団です。塩害や台風被害など、この地域ならではの特性を知り尽くした熟練職人が多数在籍。 長年積み重ねてきた経験と知識、そして最新の塗料をもとに適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。お客様にご満足いただくため、真心と魂を込め、誠心誠意対応させていただきます。


「実はあのお店やお宅も!」施工事例をぜひご覧ください。 ■施工事例はコチラ!!


逗子市・葉山町・湘南エリアで塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装・リフォーム専門店のプロタイムズ逗子葉山店まで

■お問合わせはコチラ!!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page